債務整理後のカードローン利用は可能?

債務整理後のカードローンはどうなる?

債務整理をすると、その後はカードローンを利用することができなくなると考えている人が多いですが、債務整理をしたからといってカードローンの利用ができなくなるというわけではありません。債務整理には任意整理や個人再生、そして自己破産があります。自己破産となれば、その後お金を借りることはできなくなりますが、債務整理は全てが自己破産ではなく、債務を整理することであり、自己破産以外は借りたお金をゼロにするための制度ではないからです。もちろんすぐに利用できるというわけではなく、債務整理後に一定の期間が必要となります。債務整理した後の経過が良好であれば、一定期間を経過するとカードローン等の審査に申し込むことも可能になっています。債務整理した後、指定された返済額をきちんと支払ってきたか否かによって期間は変わってきますが、五年から十年は個人信用情報に掲載されることにあり、ブラックリストである個人信用情報に掲載されている間はカードの申し込みをしても審査に通ることはなく、利用することもできません。

ブラックリストからはしっかりと消去される

きちんと返済をし、問題がないという場合には、早ければ五年ほどでブラックリストから消去されるので、真面目に返済しておくことが必須となります。きちんと返済を終わらせて、ブラックリストから消去されることで、通常のカードローンの審査に申し込むことができるようになりますが、その際に頭に置いておかなくてはならないのが、債務整理したときと同じ業者は避けるということです。一度お金の返済で問題があった人に、お金を貸そうと考える業者はほとんどありません。同じ業者に再度申し込むと、審査に通らない傾向にあるので、債務整理したときとは違う銀行や消費者金融などの貸金業者を選ぶことがポイントとなってきます。ブラックリストに掲載されている間でも、絶対に利用することができないというわけではなく、多重債務者や自己破産などの破産免責を受けた金融事故者に融資してはならないという法律があるわけでもありません。貸すか貸さないかは、業者側の判断に委ねられることになっています。しかし、大手で知名度も高く安心してお金を借りることができる業者であればあるほど、ブラックリストに載っている人に対して、リスクを背負ってまでお金を貸そうと考える業者はないということは頭に置いておくようにしましょう。

仮に債務整理手続後五年を経過しない間にお金を貸してくれる業者が見つかったとしても、違法な業者が含まれる危険性がかなり高くなっており、せっかく債務整理をしたにもかかわらず、再び借金返の日々になってしまうことが多いので、容易に貸付に応じる業者となれば、注意しておく必要があります。債務整理をした後すぐにお金を借りようとしてはならないということは確かですが、真面目に返済を続けていけば、五年から十年でカードローンを再び利用することは可能となっているということは確かと言えます。