老後破産しないようにするために弁護士に相談

少子高齢化社会の問題が深刻になってきている昨今、年金のカットや医療や介護の負担などから老後破産する人が急増しています。老後のお金に対する不安を抱えているという人も多いのではないでしょうか?

老後破産しないため

老後破産しないようにするためには、出来るだけ長く働き続ける、株や投資信託などの金融商品を購入して賢く運用する、光熱費を節約したり保険を見直したりして無駄な出費を削減するなどがありますが、退職するまでに借金を返済するということも重要なポイントとなります。

働いているうちはコンスタントに返済することが出来ても、退職後は収入が無くなり年金生活になるので借金の返済が家計を圧迫します。消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者からお金を借りていて多重債務などの借金問題を抱えている人はとくに注意が必要です。

借金の金額がどんどん膨らんでいき問題がどんどん大きくなってしまい、老後破産が待ち受けています。ですので、まずは借金問題を解決させるということが、老後破産しないようにするための第一歩となります。

自力での返済が困難

自力での返済が困難だと感じている場合は、なるべく早めに対策を講じて借金問題の早期解決に努める必要があります。そのためにすべきことは、弁護士に相談して債務整理の手続きをするという方法です。

まずは、現在の債務状況や生活状況などについて相談をして、アドバイスをもらいましょう。相談の仕方についてですが、債務整理に定評のある最寄りの法律事務所に直接問い合わせをして相談の予約をしても良いですし、直接法律事務所に問い合わせをすることに対する抵抗感がある場合は自治体や弁護士会などが設置している専門の窓口を利用するという方法もおすすめです。

電話相談や有料相談や無料法律相談会など様々な相談窓口がありますので、自分にぴったり合った方法で相談をしましょう。無料法律相談会は無料なのであっという間に予約でいっぱいになってしまい定員オーバーとなることも多いです。ですので、ホームページなどで無料法律相談会の開催状況を早めにチェックして早めに予約をするのがおすすめです。

相談当日は時間厳守で債務状況がわかる貸金業者との取引履歴や契約書などを持参して参加しましょう。相談時間が決められていますので、質問事項などをメモしたものを準備したりすることも大切です。最適で最善なアドバイスをもらうためには、現在の債務状況や生活状況や所得などについて包み隠さずありのままを話すことが重要になります。

債務整理をした方が良い場合

債務整理をした方が良いとアドバイスされた場合は、そのまま担当してくれた弁護士にその場で手続きの依頼をすることも可能です。その場合は、次回からはその弁護士の法律事務所で打ち合わせなどを重ねていくことになります。

債務整理には任意整理や個人再生や自己破産や過払い金請求などの手続きがあり、いちばん軽い手続きが過払い金請求で、いちばん重い手続きが自己破産です。過払い金請求は、利息制限法によって定められている金利よりも高い利率で貸金業者からお金を借りていた際に発生する過払い金を請求して取り戻すという手続きです。

誰でも手軽に行うことが出来ます。貸金業者との取引が長い人は過払い金が発生している可能性が高いですので、請求して取り戻すことで借金の大幅な減額につながります。任意整理の手続きの一つとして過払い金請求が用いられることもありますので、細かいことは弁護士の方針に従いましょう。

債務整理の手続きを効率的に迅速に進めるためには、弁護士との信頼関係を築いて協力的な姿勢を見せることが大切です。それが、借金問題の早期解決につながり、ひいては老後破産を防ぐことにつながります。