司法書士で処理できる手続き『借金が原因の債務整理』

司法書士に相談する

司法書士を活用して債務整理を進める方が増えています。生活状況により、借金が膨らみ、現状の収入では支払いが不可能な状況に陥ってしまう場合も珍しくは無くなっています。債務整理というと、一般的には弁護士に相談していくと考えがちではありますが、司法書士であっても同様な債務整理は出来るようになっています。借金の利息の支払いが多く、生活の不安を感じていく場合には、司法書士に相談をして早期の解決を検討していくのが良いでしょう。

三種類の方法

司法書士を活用しての債務の整理には、大きく分けて3種類の方法が存在しています。任意整理、個人再生、自己破産の手続きが存在しています。借金の支払いの意思があっても、現状では生活が苦しいと感じる場合には、任意整理を施すことで、将来利息の消去を行い、支払い総額の減額を行っていくことが有効でしょう。他の債務整理と違い、裁判所を介すことの無い整理方法になっていきますので、債権者との相対での整理が可能になり、スピーディな債務の整理を実現していくことが出来るようになります。中には、現状の支払い金額では難しく、大きく借金の残債を減額していく必要になっていく場合もあることでしょう。自己破産を用いることで、借金の総額は消失していきますが、同時に財産も失っていくようになります。マイホーム等の財産がある場合には、自己破産の手続を進めていくことによって、同時にマイホームも失っていくようになります。住宅ローンを所持している場合は、マイホームを残したままで債務の整理を実施していくことが出来る、個人再生の活用が有効でしょう。

個人再生

個人再生の場合には、自己破産とは違い、借金が消失はせず、5分の1に減額されていくだけになりますが、マイホーム等の財産は残していけます。将来利息も無くなり、5分の1に減額された債務を、最長で5年に渡って返済していく形式での整理になっていきます。現状の生活が厳しく、返済に悩んでいる場合には、早期に法律事務所に相談をしていき、支払い方法を変えていくことが大切です。債務整理を実施することで、新規での借入は出来なくなっていきますが、現状の債務の返済負担は少なくなっていき、生活の負荷は少なくなっていきます。

費用面

司法書士に相談していくにも、費用面が気になってしまい、法律事務所に相談をすることが難しい場合もあることでしょう。多くの無料で相談の依頼を出来るようにもなっていて、初期費用を気にせず相談していくことが出来るようにもなっています。実際に整理に掛かった費用面も、整理後に償還されてくる過払い金を用いて、整理に掛かった費用を支払っていくことも有効になっていきます。生活に対しての返済負担が厳しいような状況では、一人で悩まずに早期の解決を検討していくことが大切になっていきます。信頼出来る法律事務所を探し、無理の無い返済計画に変えていくことこそ大切になっていきます。債務の整理を早期に行い、生活の再建を実施することが大切です。