債務整理後に個人信用情報機関に登録される期間

ブラックリストに乗ってしまったら?

現状のままだと借金の返済が困難になった場合は、債務整理の手続きが成立すれば、債務の一部が免除されたり、返済方法を変更してもらうことができます。しかし、それと引き換えに債務者にはいろいろなデメリットが生じます。その一つが、個人信用情報機関への登録です。借金問題が語られる中では、よく「ブラックリストに載る」という表現が登場しますが、これは個人信用情報機関のデータベースに事故情報や異動情報と呼ばれるネガティブな内容の情報が登録されることを指します
データベースに事故情報が登録されてしまうと、新規にローン商品に申し込んで融資を受けたり、クレジットカード会員になってカードを所持することができなくなります。しかし、事故情報はいつまでも登録されているわけではなく、時間が経過すれば削除されることになっており、削除後は再びお金の借り入れをしたり、クレジットカードを持つことができるようになります。お金を確保する手段が制限されますが、債務者はこれを好機と捉えて、残された債務の弁済や生活基盤の再構築に取り組みましょう。
日本には、法律に基づいて国からの指定を受けた個人信用情報機関が3つあり、債務整理によって事故情報が登録される期間は、各信用情報機関で異なります。

期限は存在する

日本信用情報機構(JICC)の場合、事故情報の登録期間はとった債務整理の方法に関係なく5年間です。しかし、登録日についてはとる方法によって異なっており、自己破産は免責許可決定が確定した日、個人再生は裁判所が出した再生計画認可の決定が確定した日となっていて、任意整理は弁護士が受任通知をしてから、債務者と債権者との間で和解が成立するまでの間に登録が実施されます。自己破産と個人再生では、事故情報の登録が解除された時点で債務の弁済が終了している場合がほとんどですが、任意整理だと弁済の途中で事故情報の登録期間が終わることがあります
シー・アイ・シー(CIC)の場合は、自己破産を行った場合のみ登録が実施され、5年間データベースに保存されます。登録日はJICCと同様で、裁判所が出した免責許可の決定が確定した日です。個人再生と任意整理については事故情報の登録事由とはなっていませんが、任意整理を行う時に保証会社からの代位弁済が実施された場合は、異動情報として登録されてしまうので注意が必要です。
全国銀行個人信用情報センター(KSC)は、他の2つの団体より掲載期間が長く、自己破産もしくは個人再生を行った場合に10年間登録が実施されます。任意整理についてはCICと同様で、代位弁済があった場合に異動情報として登録されますが、登録期間は自己破産と個人再生の場合より短く、5年間となっています。
各信用情報機関では、債務者からの請求に基づいて信用情報の開示を行っています。請求書をはじめとする必要書類を提出し、手数料を支払えば、数日経過した頃に開示情報が載った文書が送付されてきて、自分の信用情報がどうなっているかを調べることができます